監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

ニキビができるのは、皮脂の過剰な分泌と毛穴が詰まることにより、毛穴の中でアクネ菌が異常繁殖する結果、炎症が起きるからです。ニキビが治ったとしても再発することが多く、それも同じ場所にできることも珍しくありません。

また、ニキビの完治までには長い期間を要します。ニキビが同じ部位に複数できることも多く、また再発を繰り返すことがよくあるためです。

せっかく治ったニキビがまたできてしまう原因は何であるのかを、この記事でわかりやすく解説します。また再発を防止する方法も最後に紹介します。

ニキビが再発する原因5個

ニキビは再発することが多く悩みの種になる上に、何度も同じ場所にできることも珍しくありません。ニキビが再発する原因を調べたところ、大きく分けると5つありました。それぞれについて解説します。

1. 過剰な皮脂分泌と毛穴の詰まり

皮脂分泌が多いことに加えて毛穴に角栓などが詰まり、皮脂が外に出られなくなると毛穴の中にいるアクネ菌が皮脂を栄養にして過剰に繁殖してしまいます。アクネ菌は本来、肌を弱酸性に保ってくれるため病原菌から肌を守ってくれる存在です。

しかしアクネ菌の数が多くなりすぎると、アクネ菌のエサである皮脂が分解されて遊離脂肪酸が生成されます。遊離脂肪酸には皮膚刺激性があり、アクネ菌が多いと遊離脂肪酸も多くなるため、肌への刺激も強くなり炎症を引き起こしてニキビができます。

皮脂分泌と毛穴の詰まりが改善されなければ、ニキビが一旦治ってもまたすぐに再発することになります。

2. 洗顔の仕方など、スキンケアが不十分

毛穴の詰まりがニキビの原因の一つになっていることは、すでに説明しました。ニキビを作らないためには毛穴が詰まらないようにすることが大切なので、洗顔やメイク落とし、保湿などのスキンケアが不十分だと毛穴詰まりを招きます。

また洗顔の際に肌を傷つけてしまうと炎症や乾燥の原因となり、ニキビが再発しやすくなります。その他洗顔時にすすぎが足りないと、肌に残った洗浄剤が刺激になり炎症が起きて、ニキビの再発につながります。

3. 完治していないのにアクネケアや治療を中止

自宅で洗顔や市販薬でのアクネケア、病院での治療を行っていて、ニキビがかなり改善した頃にケアや治療を止めてしまうと、ニキビが悪化または再発してしまうことがあります。

自宅でのケアはニキビが完全に消えるまで、病院での治療は医師の指示があるまでは続けなくてはなりません。

4. ニキビの芯が残っている場合

ニキビの芯とは、毛穴に溜まった角栓のことで「コメド」とも呼ばれています。

毛穴を塞ぐ原因になっているものなので、ニキビが治ってもまだ肌の中にニキビの芯が残っていたり、またすぐに新しくニキビの芯(角栓)が出来てしまったりする場合には、ニキビが再発しやすくなります。

ニキビの芯は自分で取ろうとせず、メイク落としや洗顔などの普通のスキンケアで自然に出るのを待つか、なかなか出ないようなときは皮膚科を受診するのがおすすめです。

自分でニキビの芯を取ると肌を傷つける恐れがあり、肌トラブルへと発展する可能性もあるのでやめた方が良いでしょう。

5. 生活習慣が改善されていない

ニキビができる原因になっている過剰な皮脂分泌や毛穴の詰まりは、生活習慣である程度改善することができます。

運動不足で血行が悪くなると、肌のコンディションも悪くなる結果、ニキビができてしまったり、偏った食生活を続けていると肌の健康を保つのに必要な栄養が不足し、ニキビができたりします。

バランスの取れた食生活や適度な運動をすることで、身体が健康になり肌のターンオーバーも正常化し、ニキビが改善して再発も防げます。

しかしせっかく生活習慣を改善しても長続きしない場合や、うまく改善できていない場合には、ニキビが一旦おさまっても再発しやすくなるので、良い生活習慣を継続することが必要です。

同じ場所にニキビが何度もできるのはなぜ?

ニキビが同じ場所に何度もできてしまう理由は、ニキビができる原因とも深く関わっています。ニキビができる原因は複数あり、人によってメインになる理由は異なります。

例えばフェイスラインにたくさんのニキビができてしまう人は、洗顔料やシャンプーなどのすすぎ残しが原因である可能性があります。

またニキビ跡がある部位は、再発の可能性が高いと言われています。ニキビ跡の凹みは正常な皮膚よりも毛穴が詰まりやすくなっているためと考えられています。

あるいは人によっては特定の場所に大きな皮脂腺があり、アクネ菌が繁殖しやすい環境になっているような場合には、同じ場所にニキビが何度もできてしまいます。

ニキビのできやすい場所

額、鼻周り、あご、胸、背中はニキビができやすい場所と言われていますが、なぜでしょうか。ニキビは皮脂腺がなければできません。アクネ菌は皮脂を栄養にして生きているからです。

けれどもアクネ菌は本来、肌の常在菌で普段は病原菌から肌を守る存在です。アクネ菌が好きな条件が整って爆発的に増えると、肌に炎症を起こしてそれがニキビになるのです。

毛穴が詰まるのは肌が乾燥してゴワゴワになり、古い角質が毛穴に落ち込んで毛穴を塞いだり、メイクなどの汚れが毛穴に溜まったりするためです。

乾燥でニキビができやすいのは顎や頬です。汚れが溜まってニキビができやすいのは、鼻、額、胸や背中です。

上半身には皮脂腺が多いので、ニキビはだいたい上半身にできます。逆に皮脂腺が少ない場所にはニキビはできません。手のひらにはニキビができないのはそういう理由です。

ニキビの再発防止対策7個

ニキビを繰り返すうちにニキビ跡になってしまうこともあるので、ニキビができたら確実にケアして再発を防止したいですね。そこでニキビ再発防止の対策を7つ紹介しますので、できることからさっそく実践してみましょう。

1. 正しいスキンケアを行う

ニキビ予防・ニキビケアの基本は肌の汚れを落とすことと保湿です。夜はメイク落としと洗顔を丁寧に行い、洗浄剤が肌に残らないようにしっかりと洗い流します。

メイク落としや洗顔は、力加減に注意して、肌を傷つけないように気を付けましょう。朝も必要に応じて洗顔料などで洗顔を行います。

洗顔の後は直ちに化粧水や乳液・クリームで十分に保湿を行うようにします。洗顔後は皮脂膜が洗い流されているため、皮脂が分泌されて肌表面を覆うまでは肌の水分が奪われやすくなっています。

洗顔後の保湿が不十分だと身体が皮脂不足と認識して、かえって皮脂分泌が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

2. 肌に触れるメイク用品や寝具などを清潔に保つ

見落としがちなのが、肌に直接触れるものをこまめに洗って、清潔を保つことです。たとえばメイクで使うパフやブラシ類などは、定期的に洗って雑菌が繁殖しないようにします。また寝具で直接顔に触れる可能性のある枕カバーや掛布団などもこまめに洗濯をして、清潔を保ちましょう。

肌に直接触れるものが雑菌だらけだと、肌荒れやニキビ悪化の原因になります。メイク用品は使う度か少なくとも週に1度は洗うようにしましょう。枕カバーなどの寝具は週に1-2回の洗濯が必要です。

3. バランスの取れた食生活を送る

特定の栄養素だけを取れば良いというのではなく、身体の健康を保つためにはあらゆる栄養素が必要になります。ニキビを防ぐためには肌のターンオーバーを正常に保つことが必要ですので、細胞を作る材料になるタンパク質や脂質が必要です。

その他、肌の生まれ変わりを助けるビタミン類も必須です。できるだけ多くの種類の栄養素を少しずつでも食事から摂取することを心がけましょう。

ビタミン類ではビタミンCは体内に貯蔵できないため、できるだけこまめに摂取することが大事です。食後や間食にフルーツを少し食べるか、どうしても足りないときにはサプリメントを飲んで補給するようにしましょう。

4. 十分な睡眠を取る

人は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、細胞の修復が行われます。睡眠時間が少ないと、休息が不十分のみならず肌の回復にも支障をきたします。

早寝早起きを心がけることと、眠りの質についても考えて、部屋を暗くしたり周りがうるさい場合には聞こえないように耳栓などの工夫をしたりなどして、熟睡できるようにしましょう。

5. 顔をできるだけ触らないようにする

ニキビがあると、気になってつい触ってしまいがちです。けれども手には雑菌がたくさんついているので、手でニキビや顔を触るとニキビを悪化させたり再発させたりする恐れがあります。

手だけではなく、髪や洋服などが触れたり擦れたりしても、刺激になりニキビ悪化や再発につながることもあるので気を付けましょう。

6. 紫外線ケアを行う

紫外線もニキビの悪化や再発の危険があります。紫外線を浴びると肌が炎症を起こしたり乾燥したり、肌に影響を与えニキビができたり再発したりする原因を作ります。

日中はできれば通年、紫外線の影響を避けるために日焼け止めや帽子・日傘などを使うことをおすすめします。

日焼け止めを使ったときは、メイクをしていなくても夜にメイク落としでしっかり日焼け止めを落とすようにして、毛穴が詰まらないように注意しましょう。

7. ストレスを溜めない

ストレスは肌荒れの原因になり、ニキビへとつながります。ストレスは美容の大敵とはいえ、ゼロにすることはできないので、自分なりのストレス解消法をいくつか持っておくことが大切です。精神的なゆとりが持てるようにして、ストレスや疲れを感じたときに解消するようにしていれば大丈夫です。

毎晩ゆったりとお風呂に入ると、心も身体も緩んで良いですね。部屋を好きな香りで満たしたりするだけでも、かなり違います。


まとめ:ニキビを繰り返さないために

ニキビは再発することが多く、長期に渡って悩みが続きます。今回の記事で、なぜニキビは再発するのか、同じ場所にできてしまうのかについて、わかっていただけたと思います。ニキビの原因になることは避けるようにして、短期間でしっかりニキビの悩みを解消したいですね。

今回紹介した対策は自宅でできるものばかりで、ニキビの予防としても使えます。手軽に今日からでも始められるので、ぜひお試しください。