監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

きちんとクレンジング・洗顔したつもりでも目立ってしまう毛穴の角栓。鏡を見る度に気になって、「何とかしたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

この記事では、綿棒とオイルを使用し、角栓を取る方法を紹介します。頑固な角栓は皮膚科やエステに相談する方法が安心ですが、時間もお金も制約がある中で、「自宅で何とか改善したい」と考えることはごく自然な感情。毛穴をきれいにお掃除し、維持するためのヒントとして、有効に活用下さい。

毛穴の角栓とは?綿棒で取れない?

まず、そもそも毛穴の角栓とは、どのようなものかをおさらいしましょう。

角栓とは、古くなった角質や過剰な皮脂などが毛穴内部で混ざり合い、塊に変化したものを指します。一般的に「白いニョロニョロ」「白いニュルニュル」などと表現されるトラブルの正体が角栓です。

角栓に対して「脂の塊」といったイメージを持つ女性も多いのですが、角質のうちの皮脂の占める割合は3割程度。7割程度は古くなった角質が占めるといった説もあります。

毛穴の角栓は、内部の壁にこびりつくことも多く、綿棒のみのお手入れや角栓パックで取ることが困難。指で押し出すお手入れやピンセットで引き抜くお手入れも、肌に対する負担が重く、積極的におすすめしません。

そこで検討したいセルフケアが綿棒とオイルを使用し、巨大化した角栓を取るお手入れです。角栓の油分とオイルをなじませ、取り出しやすい状態に変えることで、お手入れを行う際の負担を軽減できます。

角栓を綿棒で取る効果

綿棒とオイルを使用したお手入れは、毛穴の黒ずみ予防に貢献します。毛穴の黒ずみは、放置した角栓の表面部分が酸化し、黒色に変化した状態です。黒色に変わる前に取り除いてあげることで、毛穴をきれいに維持できます。

また、角栓の目立つ肌は、ターンオーバー周期が乱れて、健やかとは言えない状態です。角栓を取り除いた後に十分な保湿ケアを行い、水分・油分のバランスを整えてあげることは、健やかな肌を取り戻すための重要なステップ。

綿棒とオイルによる角栓ケアは、毛穴トラブルに悩む女性の美肌作りの第一歩とも言えるでしょう。

角栓を綿棒で取るやり方5ステップ

さて、ここからは、角栓を綿棒とオイルで取るお手入れの具体的なやり方を紹介します。

用意するアイテム・道具は、タオルと綿棒、美容オイルの3個だけです。必要なものを用意したら、以下の流れに従って、定期的な角栓ケアを実践しましょう。

1. クレンジング・洗顔を行う

普段通りのクレンジング・洗顔を行い、顔の汚れを落とします。

時間の余裕のある日には蒸しタオルでパックを行い、毛穴を大きく開かせましょう。蒸しタオルパックを行う時間は、2分から3分程度がおすすめです。放置時間が長過ぎると、インナードライを悪化させるリスクがあります。タオルが乾燥するほど長時間のパックを行うことは避け、適度な時間に留めて下さい。

蒸しタオルパックを行う代わりに美顔器やスチーマーを活用し、毛穴を開かせる方法でも大丈夫です。毛穴がしっかり開いたことを確認してから、次の工程に進みましょう。

2. 綿棒にオイルをしみ込ませる

ステップ2では、お手入れ用のオイル綿棒を用意します。ベビーオイルやホホバオイル、オリーブオイルなどを小皿に出し、綿棒の綿の部分にしみ込ませましょう。香料などが配合されたオイルは避け、シンプルな美容オイルを選択することがポイント。

使用する綿棒は、ドラッグストアなどで購入できる一般的なもので構いません。あえて言えば、黒い綿棒を用意すると、「角栓が取れた」という実感を持ちやすく、モチベーションが高まります。

3. 角栓の目立つ部位をマッサージする

角栓の目立つ部位に綿棒を当て、コロコロと転がすように動かします。角栓に含まれるメイク汚れや皮脂を浮かせるようなイメージで、鼻や小鼻のマッサージを行いましょう。

強く押したりこすったりすることは、肌トラブルを招きます。誤ったお手入れによって更なる角栓を作ることのないように、優しい力で行いましょう。

お手入れの途中で滑りが悪いように感じる場合は、オイルを足します。2で余ったオイルをそのまま横に置いておくと、付け足す作業がスムーズです。角栓がなかなか取れない場合は、オイルをしみ込ませた綿棒をもう1本使用し、挟み込む形で取り除きます。2本の綿棒を使用する場合も、無理に押し出すことは避け、優しい力で行って下さい。

2本の綿棒でマッサージを行ってもなお取れない角栓は、次回のお手入れまで持ち越します。1回のお手入れで全てをきれいに取ろうとは考えず、長期スパンの角栓ケアを行って下さい。

4. 泡洗顔でオイルを落とす

ティッシュで優しくオイルを拭き取り、ぬるま湯ですすぎます。これだけではオイルがきちんと落ちませんから、洗顔料を使いましょう。

洗顔手順は、いつもと同じ方法で大丈夫です。よく泡立てた洗顔料を使用し、泡洗顔を行って下さい。1回の洗顔できれいにオイルが落ちない場合は、2回通り洗顔します。オイルを残したままお手入れを終えてしまうとニキビができる原因ですから、十分な回数だけ洗顔しましょう。

最後の仕上げは冷水ですすぎ、開いた毛穴を引き締めます。角栓を除去した後の毛穴を開いたまま放置すると、汚れが詰まってしまいますよ。引き締める作業までを角栓ケアと考えて、忘れずに行って下さい。

5. 化粧水や乳液、クリームで保湿する

角栓を除去した後の肌は、デリケートな状態です。化粧水で速やかに保湿し、潤いを与えて下さい。その後、乳液やクリームで適度な油分を補い、バリア機能を強化しましょう。

乳液やクリームを省略すると、油分不足を感じた肌が余計に皮脂を分泌し、新しい角栓を生み出すことにつながります。

べたつきが苦手な人は、さっぱりとした質感の乳液やジェルを活用すると良いでしょう。もしくは、化粧水をハンドプレスで押し込み、きちんと浸透させてから乳液・クリームを使用すると、ベタつきの軽減が可能です。化粧水が浸透する前に次の基礎化粧品を重ねることは避け、サラサラの質感に仕上げて下さい。

なお、角栓を綿棒とオイルで取る方法は、白い角栓に有効な対策です。毛穴周囲の皮膚に色素沈着の見られる毛穴は、基礎化粧品による美白ケアを行わなければ、解消することができません。角栓を取り除いた後にビタミンCやレチノール配合化粧水でパックし、色素沈着を解消しましょう。

また、そもそも毛穴の角栓が軽度の場合、綿棒を使用せず、オイルマッサージを行うだけで対処できることもあります。「それほどひどく角栓が目立つわけではない」という人には、「美容オイルのみのマッサージをまず試し、角栓が残ってしまうようなら綿棒を使用する」といった流れがおすすめです。

オイルマッサージのみで角栓を取る方法も、綿棒を使用する方法も、「油分で汚れを溶かし出し、取り除く」という理屈は同じ。状態に応じた適切なお手入れを行うことで、きれいな毛穴を維持しましょう。

角栓を綿棒で取る頻度

角栓を綿棒で取る頻度は、週に1回から2回程度が上限です。頻繁な角栓ケアは、肌にとって必要な油分・未熟な角質を取り去り、トラブルを招くリスクがありますので、適度な頻度に留めましょう。

また、頻繁な角栓ケアは、肌に対して刺激が強く、炎症ニキビを招いてしまうリスクがあります。とくにひどい炎症ニキビにまで悪化すると、皮膚科にかかり、専門的な治療を検討しなければなりません。セルフケアで対応すると、クレーター状の凹凸ができてしまい、滑らかな質感を損ないます。

健やかな肌を作るためのお手入れがここまで深刻なトラブルを招いてしまう状況は、避けたいもの。肌トラブルの二次被害、三次被害を防ぐために、適度な頻度を守って下さい。

角栓を綿棒で取るオイルは何を使う?

綿棒とオイルの角栓ケアは、ワセリンやベビーオイルなど、様々な種類のオイルを使用できます。数あるオイルの中でも、オリーブオイルやホホバオイル、アーモンドオイル、アボカドオイル、米ぬかオイルといった植物由来のオイルは、肌に刺激を与えにくい種類。

食用のオリーブオイルやアボカドオイルを使用することは避け、肌のお手入れ専用の美容オイルを活用しましょう。食用オイルと美容オイルの大きな違いは、精製度です。一般的には、美容オイルの方が精製度は高く、不純物をできる限り取り除き、作られたもの。

食用オイルを角栓ケアに使用すると、肌トラブルを招いてしまうリスクがあります。美容オイルは汎用性の高いケア商品ですので、食用オイルではなく、専用商品を購入しましょう。

角栓を綺麗に保つコツ

お手入れ後のきれいな毛穴を維持するコツは、角栓を予防するスキンケアと生活習慣の見直しです。

角栓を予防するスキンケア

朝・夜2回の泡洗顔とクレンジングを徹底し、毛穴と肌を衛生的に維持しましょう。メイクを落とさずに就寝したり、朝の洗顔をぬるま湯のみで終わらせたりといった習慣は、お手入れ不足による角栓を招く要素。

1日2回を超える回数の洗顔を行ったり、メイクを落とす力の強すぎるクレンジングを使用したりといった習慣も、角栓を招きます。毎日の習慣として正しいスキンケアを実践し、きれいな毛穴を維持しましょう。

生活習慣の見直し

偏食や睡眠不足、運動不足は、角栓を繰り返す原因です。栄養バランスの整った食事や規則正しい睡眠リズム、適度な運動を念頭として、生活習慣全般を見直しましょう。

慢性的なストレスやホルモンバランスの乱れによって角栓が悪化するケースもありますので、自分自身をいたわることも大切です。


まとめ

毛穴の角栓を綿棒、オイルで取る方法を紹介しました。角栓の目立つ肌は、人から見ても気になるもの。至近距離にも絶えられる理想の美肌を作るためには、定期的なお手入れが欠かせません。この記事で紹介した内容を今一度読み直し、毛穴レス肌を作るためのお手入れを、今夜からでも実践しましょう。