監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「色々な化粧品を試しても肌が綺麗にならない」
「肌が綺麗な人は何か秘訣があるの?」
「肌の美しさは遺伝が関係しているの?」

といった悩みや疑問に答えるために、肌が綺麗な人の特徴や習慣を詳しくご紹介していきます。美しいツヤ肌に導くには、欠かせない情報ばかりなのでぜひ最後までご覧ください。

肌が綺麗な人の特徴とは?何もしてない?遺伝?

肌が綺麗な人は、きめ細かで毛穴が目立たないツヤ肌美人が特徴です。

どんな化粧品やスキンケアをしているのか、ついつい聞きたくなる美しい肌ですよね。しかし、肌が綺麗な人ほど何もしていないという人が多いものです。

では、なぜ何もしていないのに肌が綺麗なのでしょうか?

それはキメの細かさや皮脂腺の数は遺伝するからです。毛穴目立ち悩みも、実は遺伝が関係している可能性も考えられます。

遺伝だと限界があるのでは…と思われるかもしれませんが、正しい肌の知識を身につければ美肌に近づくことができるでしょう。まずは肌が綺麗な人と汚い人の違いを知ることが大切です。

肌が綺麗な人と汚い人の違い

肌が綺麗な人は、元々ストレスが溜まりにくい、上手に発散している方です。
そして、正しい生活習慣とスキンケアを行って健康な肌を維持しています。例えば、肌を綺麗に保つ鉄則として、肌の乾燥を招くタバコは吸いません。

反対に、肌が汚い人はストレスに左右されやすい状況になっているかもしれません。また過度な洗顔やゴシゴシ洗い、化粧水だけの保湿など、間違ったスキンケアを行っている人もいるでしょう。

そして肌トラブルを隠そうと、メイクが厚くなってしまうのも肌荒れしやすくなる原因のひとつです。

潤いのあるツヤ肌を導くために、正しいスキンケアや綺麗な人が日頃からしている習慣をチェックしていきましょう。

肌が綺麗な人の習慣3個[洗顔・スキンケア]

1. 顔を摩擦せずに泡で洗顔する

肌が綺麗な人は洗顔時に、泡を細かく泡立てて顔に手が触れないように泡だけで洗顔をしています。これは、摩擦による肌への刺激を防ぐためです。

泡をたっぷり泡立てて、摩擦で力がかからないようにすることがポイントです。少しぬるいと感じるぬるま湯(約35℃~36℃)で洗い、肌に必要な成分まで洗い流さないよう気を付けます。

熱いお湯の方が、皮脂が良く落ちるためスッキリしますが、乾燥しやすくなるので控えましょう。

肌質に合った洗顔の選び方

肌が綺麗な人は自分の肌質に合った洗顔料を使っています。モコモコと泡立ちが良いからと泡立ちだけで洗顔料を選んでいませんか?

泡立ちが良いものは脱脂力が強い成分が多く含まれている可能性が高いです。そのため、しっかり皮脂を落としたい「脂性肌」の人には、サッパリとした洗いあがりの泡立ちの良い洗顔料が最適です。

反対に「乾燥肌」の人には、油分や保湿成分を含み、洗いあがりがしっとりとする洗顔料がおすすめです。

泡立ちが不十分でも泡立てネットを活用すれば十分に泡立ちます。乾燥が気になる方は、泡立ちの良さだけで選ばず油分や保湿成分をチェックしてみてくださいね。

2. 丁寧な保湿を心掛けている

肌が綺麗な人は化粧水からクリームまで、肌への保湿に大切な化粧品を使って念入りに保湿しています。肌が乾燥することは老化を含め、様々な肌トラブルに繋がります。

また化粧水だけでは肌の水分量が蒸発してしまうので、人工的な皮脂膜を作り出して潤いをキープする(エモリエント機能)ために、乳液やクリームはとても大切です。

美容液も同様に、保湿効果とエモリエント効果の高い化粧品です。

他にも、美白やハリ、弾力アップが期待できる商品も販売されています。商品にもよりますが、化粧水の後に美容液をつけるのが主流です。

様々な肌トラブル予防のために、化粧水だけでなく、美容液や乳液、クリームをフル活用してしっかり保湿を心掛けましょう。

3. 定期的なスペシャルケアで美肌を保つ

肌が綺麗な人は、基本的なスキンケア化粧品を使った保湿に加えて、美容効果アップが期待できるスペシャルケアを定期的に行っています。

ブースターやパック、マッサージ化粧品、ピーリングなどは、肌の調子を整えるためのスペシャルケア化粧品です。

以下の表はスペシャルケア化粧品の種類と特徴、目的をまとめています。

種類特徴目的
シートパック毎日使用できる
化粧水や美容液が配合されている
保湿・肌の悩みに対応(シミなど)
ブースター化粧水の前に使用する化粧水や美容液などの化粧品の浸透アップ
マッサージ化粧品油性成分が多めで摩擦による肌への刺激が少ない血色の悪さ・むくみの解消
ハリ・弾力維持
ピーリング薬剤で古い角層をはがす毛穴汚れ・くすみ

古い角層をはがす化粧品は、ピーリングの他にもゴマージュやピールオフパックがあります。毛穴詰まりや皮膚が厚くなる角質肥厚に効果的です。

ご自身の肌に合うスペシャル化粧品で、肌を優しくケアしてあげましょう。

肌が綺麗な人の習慣3個[メイク]


「肌が綺麗な人」でパッと思い浮かぶ人といったら、美容部員さんや美容家さん。ナチュラルメイクなのに肌がとても綺麗な人が多いですよね。

その秘密は…正しい知識でメイクアップ化粧品を使っているからです。正しく化粧品を使い、ナチュラルメイクの基本を押さえて、理想的な美肌へとランクアップしましょう。

ここからは、肌が綺麗な人が行っているメイク習慣をご紹介します。

1. メイクの基本!ベースメイクは手抜きしない

肌が綺麗な人のキーアイテムといえる化粧下地。肌のキメを整えて毛穴やシミをカバーして、メイクのりや崩れを防ぐ役割があるベースメイクです。

ファンデーションの前に塗るタイプの化粧品で、UVカット効果や美容液配合されているものもあり、様々な肌の悩みに対応しています。

では、肌悩みに合わせてどんな化粧下地を選べば良いのでしょうか。化粧下地の選び方についてご紹介します。

肌の悩みに合わせた化粧下地のタイプ選び

以下では、おすすめの肌の悩み別に化粧下地のタイプを分けています。
・オイルコントロールタイプ…皮脂のテカリを抑えたい
・みずみずしいタイプ…乾燥が気になる
・パールタイプ…シミやくすみをカバーしたい

このように、肌が綺麗な人は自分の肌の悩みに合った化粧下地を使い分けています。

活き活きとした顔色へ整えるコントロールカラー

コントロールカラーは、目の下のクマやそばかす、小鼻の赤み、全体的に黄色がかった肌やくすみなど、様々な色ムラを調整して美肌に魅せてくれます。

以下では、コントロールカラーによる仕上がりや効果、肌質タイプを記載しています。

仕上がり効果ピッタリの肌タイプ
ピンクやわらかな肌血色を良く見せる色白
グリーン健康的な肌ニキビなどの赤みをカバー赤ら顔
オレンジ明るい肌くま・たるみをカバーくすみが強い色黒・茶系
イエロー健康的な肌にごり・色沈みを明るくカバー誰にでも合う
パープル透明感のある肌肌色の黄みを抑える黄色

このように肌が綺麗な人はピッタリのコントロールカラーを選んでいます。ご自身の気になるポイントをカバーして、肌を綺麗に見せるメイクテクニックを身に付けましょう。

2. 自分の肌質や色に合うファンデーションを使用する

ファンデーションの使用感はとても大事ですが、何より大切なのはご自身に合ったカラーを見極めて選ぶこと。肌が綺麗な人は、このポイントを押さえてファンデーションを選んでいます。

色選びに失敗すると、首と顔の色が異なったり、顔だけ白く浮いた状態になったりと残念なことに…。白浮き顔を防ぐには、首から頬の境目のフェイスラインに合わせて適切な色のファンデーションを選びましょう。

正しいファンデーションの手順

意外と知らない人が多いのがメイクアップ化粧品を使う順番です。

正しい使用順序は、
・化粧下地→コンシーラー→パウダーファンデーション
・化粧下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

ファンデーションのタイプがパウダー・リキッドのどちらかで順序が異なるので見直してみましょう。

季節に合わせたファンデーション選び

オールシーズンファンデーションもありますが、肌が乾燥しやすい方やべたつきやすい方は季節に合わせてファンデーションを使い分けましょう。

暑い季節には汗や皮脂が多く出るため、水をはじく粉タイプや、使用感サッパリの水に対応した両用タイプ、強い紫外線から肌を守る日焼け止めファンデーションがおすすめ。

また気温が低く乾燥しやすい寒い季節には、肌に潤いを与えるクリームファンデーションや、エモリエント効果の高いエマルジョンファンデーションが最適です。

3. 美肌に欠かせないフェイスパウダーで総仕上げ

肌が綺麗な人の必須コスメといえるフェイスパウダー。ファンデーションを定着させて、化粧崩れを防ぐ役割を果たしています。

フェイスパウダーを使う時は、ブラシにつけてくるくるとファンデーションに馴染ませながら粉を払っていくと透明感のあるツヤ肌仕上げになりますよ。

またファンデーションでメイク直しをするよりも、フェイスパウダーの方が薄付きに仕上がるのでおすすめです。

メイク直しの際はティッシュで余分な皮脂を抑えてから、パウダーをはたいていくと朝のメイクアップ後のような美しい仕上がりになります。

肌が綺麗な人の習慣5個[食事]

肌が綺麗な人はどのような食事をしているのでしょうか?一般的には、「ビタミンを含む食品を豊富に摂っているのでは?」と考えられると思います。

しかし、美肌に欠かせないビタミンも単独では作用しないため、色々な栄養素をバランス良く摂ることが大切。肌が綺麗な人は、色々な食品を食べて自然と栄養バランスが整っているのです。

それでは、肌が綺麗な人の食事習慣を見ていきましょう。

1. 飲み物はホットとノンカフェインを中心にする

まず初めに、肌が綺麗な人は飲み物にも気を遣っています。
カフェイン入りのコーヒーなどは1日2杯程度が目安。その理由は…、カフェインには神経の興奮作用や血管収縮作用があるからです。寝る前はなるべく避けて、日中の集中したい時に飲むと良いでしょう。

また肌が綺麗な人は冷たい飲み物は控えて、「温かい飲み物」や「常温の飲み物」を飲んでいます。冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、血液の流れが悪くなり体が冷える原因に。

季節に関わらず普段から温かい飲み物を飲む習慣をつけることで、身体の冷えを予防して美しい肌に導きます。

日中はビタミンCが摂れるローズヒップティー、スッキリしたい朝はミントティーなど、カフェインを含まないハーブティーがおすすめ。ハーブティーは気分もリフレッシュしてくれるので、仕事や人間関係などでストレスがたまっている時にも最適です。

2. 老化を予防する「ビタミン」類を豊富に摂っている

抗酸化作用のあるビタミン類は、美肌の大敵である「老化」を予防するのに大切な成分です。肌が綺麗な人は、肌荒れや乾燥を防ぐ肌に嬉しいビタミン類をバランス良く摂っています。

とはいえ、普段の食生活では十分なビタミンを摂れないという方はサプリメントで不足分を補うという方法もあります。ビタミン類は野菜や果物、レバーなどに含まれているので、毎日バランス良く摂取しましょう。

3. ミネラルを摂る

5大栄養素の1つである「ミネラル」は、ビタミンと同様に健康な体を維持する大切な成分です。牛乳などの乳製品や小魚、ほうれん草などから摂ることができます。

ミネラルは摂りすぎも不足も体に良くないので、食品を通して適量を摂ることが大切です。

肌が綺麗な人は普段の食事から魚やお肉、野菜や海藻類をバランス良く摂っているので、ミネラルが不足することなく健康な肌を維持しています。

4. 良質な「タンパク質」をバランス良く摂っている

タンパク質は、健康な肌を作るための最も基本となる栄養素です。肌が綺麗な人は、ビタミンなどと一緒にタンパク質をバランス良く摂ることで、健康的な美肌を維持しています。

タンパク質の主な食材は肉や魚、卵や乳製品です。脂質の摂りすぎを心配して避ける方もいますが、煮物やソテーなど、あっさりとした調理を心掛ければ心配いりません。

5. 「食物繊維」をたっぷり摂って便秘対策

肌が綺麗な人は、便秘による肌トラブルを防ぐため食物繊維を豊富に摂り入れています。食物繊維は腸内環境を整えて便秘を防ぎ、胃に働いて食べ過ぎを防ぐ機能をもった栄養素です。

日々の食事で摂りやすいキノコや豆類、野菜や果物に多く含まれています。不足分はサプリメントやドリンクで上手に補いましょう。

肌が綺麗な人の習慣7個[生活習慣]

肌が綺麗な人はどのような生活を送っているのでしょうか?美肌は健康な体があってこそ。内側から健康な肌を作り出すことが大切です。

ここでは、肌が綺麗な人の秘訣ともいえる生活習慣を見ていきましょう。

1. ストレスをためず適度に発散している

肌が綺麗な人はストレスが元々たまりにくかったり、適度な運動や趣味を行ったりして上手にストレスを発散しています。

ストレスは、人間関係や経済的な悩み、騒音、気温、臭い、細菌やウイルス、などが影響しますよね。

ストレスが溜まるとホルモンの影響でシミが増える、免疫力が低下して肌荒れが起こるなど、様々な肌トラブルに繋がるため上手に発散していきましょう。

2. 毎日の入浴で体を温めている

肌が綺麗な人は、シャワーだけで済まさず、湯船に入り体を温めています。
湯船に入ることで女性の悩みに多い「冷え」を防ぎ、血液の流れが良くなり肌まで栄養がいき届きます。

入浴は冷え対策の他にも、疲れをとるリラックス効果も期待できます。夏は約38℃、冬は約38~40℃を目安に入ると、リラックス時に働く『副交感神経』が働いてリラックス効果が高まるのでおすすめです。

3. 睡眠の質が高い

睡眠不足が続くと肌の修復機能が十分に働かず、肌荒れなどの肌トラブルに繋がります。

肌が綺麗な人の秘訣は睡眠の質が高いこと。
特に睡眠開始の約3時間は、成長ホルモンが多く分泌されるためとても大切な時間といえます。

以下は睡眠の質を高めるためのポイントを記しています。
・照明は完全に消す
・脳を休ませるために携帯はオフにする
・リラックス効果のあるアロマオイルを活用する
・20時以降はカフェインを控える

就寝前のアロマオイルは、眠気を誘うラベンダーやマンダリン、カモミールがおすすめです。心地良い香りで過ごすことが大切なので、自分だけの”いい香り”のアロマを活用しましょう。

4. 適度な運動をしている

肌が綺麗な人は、運動を定期的に行っている人も多くいます。ウォーキングや加圧トレーニング、柔軟体操など、自分の心地良いと思える運動を適度に行いましょう。

適度な運動は心肺機能を高め、筋力アップや体重維持、ストレス解消、生活習慣病予防などに繋がります。

美しい肌は健康な体から…内面から美しく輝く肌へ導いてあげてください。また息切れやめまい、痛みや吐き気など症状が出る過度な運動は、逆効果となるため控えましょう。

5. 肌を休ませる日を作る

肌が綺麗な人は休みの日はスッピンでいるなど、適度に肌を休ませてあげています。肌がお疲れの状態が続くと、肌荒れなどの肌トラブルの原因に。

たまにはメイクをせず、肌呼吸をさせてゆっくり休ませてあげましょう。

6. 紫外線対策をしている

米国皮膚科学会では、「肌を劣化させる原因の約80%は紫外線によるもの」だと考えられています。

そのため、肌が綺麗な人は季節問わず1年中紫外線対策を徹底しています。

日焼け止め効果のある化粧品はもちろん、紫外線を遮りやすい黒の衣類や日傘、帽子やサングラスなどを活用して紫外線対策を怠りません。

また曇りの日でも帽子やサングラスを着けている人がいますよね。それは薄曇りの日で快晴時の約80~90%、曇りの日で約60%のUV量があるからです。

肌が綺麗な人に近づくには、少しの外出でも日焼け止めや日傘などを活用して、紫外線から肌を守りましょう。

7. タバコを吸わない

肌が綺麗な人は、美容や健康のためにタバコを吸わない人が多いです。タバコに含まれるニコチンによって、血液の流れが悪くなり肌が乾燥します。

タバコを吸う女性のほうが老化スピードが早くなるといわれています。そのため、タバコを吸う女性は乾燥によるシワやくすみが目立ち、年齢と共にハリとツヤのない肌になりやすくなります。

まとめ

肌が綺麗な人の特徴やスキンケアから生活習慣までをご紹介してきました。正しい知識で化粧品を使ったり、生活習慣を整えたりすることが美肌を目指す近道です。今日から肌が綺麗な人の習慣をとりいれて、憧れのツヤ美肌を手に入れましょう。