監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻頭や小鼻などにできる白い角栓に悩まされている方は多いのではないでしょうか。ぽつぽつとした白い角栓は、放置すると炎症が起きて赤ニキビになる可能性があります。

そうなる前にケアをして、角栓を取り除きましょう。また、できるだけ角栓ができないようにケアすることが大切です。

ここでは、鼻の白い角栓の原因と除去方法、改善ケア方法について詳しくご紹介します。

鼻の角栓がやばい…なかなか取れない…

「鼻の角栓が大量にできて、毛穴が目立ってしまっている・・・・」、「鼻の角栓が目立ってメイクが映えない・・・」など、角栓はさまざまな悩みの種です。指で周りの皮膚をつまむと、にゅるにゅると角栓が出てきますが、肌に負担がかかるためおすすめできません。

仮に指でつまんで取り除いたとしても、きれいに取り除くことは難しいでしょう。また、角栓ができやすい方は、一度取り除いてもすぐに新たな角栓ができてしまいます。このような状況に悩む方は多いでしょう。

角栓の正体や原因から取り方、改善ケア方法までこれから説明しますので、角栓の悩みを解消していきましょう。

鼻の白い角栓とは?

鼻の白い角栓の正体

鼻の白い角栓の正体は、古い角質と皮脂が毛穴につまって混ざり合ったものです。皮脂は雑菌の栄養源のため、放置すると炎症が起きて赤ニキビになります。もし、赤ニキビの炎症が非常に強くなれば、ニキビ跡が残ってしまうでしょう。

このように、鼻の白い角栓は大きな肌トラブルの原因のため、早い段階で対処しなければなりません。なお、角栓は鼻以外にもできます。鼻は、表面がつるってしており毛穴が目立ちやすいため、白い角栓に気づきやすいのです。

鼻の角栓が多い方は、頬や額などにも角栓ができている可能性があります。

鼻に白い角栓ができる原因4個

まずは、鼻に白い角栓ができる原因から詳しくみていきましょう。

1. 皮脂の過剰分泌

皮脂は、肌の表面に皮脂膜を作って肌を外部刺激から守っています。しかし、ストレスや脂質の摂りすぎなどが原因で皮脂が過剰に分泌されると、古い角質と混ざり合うことで角栓を引き起こすのです。最近、肌がベタつくことが増えた場合には、心当たりがないか思い返しましょう。

週に何回も揚げ物を食べていたり、仕事や家事、育児などでストレスを受けていたりする方は、皮脂が常に多く分泌されている可能性があります。また、肌が乾燥すると、身体が皮脂を分泌して肌を守ろうとするため、結果的に角栓ができてしまうのです。

2. 古い角質が残っている

角栓は、古い角質と皮脂が混ざり合ったもののため、古い角質が肌に残っている方は角栓ができやすいでしょう。古い角質が残る原因は、ターンオーバーの遅れです。ターンオーバーとは、4つの層で構成される表皮のうち、もっとも下にある基底層(基底層)で作られた角質細胞が少しずつ肌の表面へと上がってきて、古い角質と置き換わる現象です。

ターンオーバーが遅れると、古い角質が新しい角質に置き換わらずに肌に残ってしまいます。このような古い角質は、洗顔によって取り除くことが可能です。しかし、正しく洗顔できていない場合は、古い角質が残って角栓になるでしょう。

3. メイクを落とさずに寝ている

メイクを落とさずに寝ると、化粧品に含まれる油分が毛穴につまり、角栓になってしまいます。皮脂だけではなくメイクの油分まで毛穴をつまらせてしまうと、それだけ赤ニキビへ悪化するリスクが高くなるでしょう。

仕事に疲れてメイクを落とさずに寝てしまう方もいますが、メイクだけは落としてから寝ることが大切です。

4. 生活習慣が乱れている

寝不足や偏食、運動不足などは、肌の調子が悪くなる原因の1つです。仕事や家事、育児などに追われて寝る暇がなかったり、いつも同じ料理ばかりになったりすると、肌の調子が悪くなったり角栓ができやすくなったりします。

これは、ターンオーバーが乱れたり皮脂が過剰に分泌されたりするためです。どれだけ入念なスキンケアを続けていても、生活習慣が乱れていては鼻の角栓が解消しにくくなります。

鼻の白い角栓の取り方2個

すでに発生した鼻の白い角栓は、なかなか自然には落ちません。鼻の白い角栓を除去して、一度リセットしたいところでしょう。しかし、強引な方法で角栓を取り除くと肌や毛穴を傷つけるため注意が必要です。基本的な角栓の除去方法は次の2つです。

1. 基本的に洗顔で取り除く

角栓と言えば、綿棒などで取り除くイメージがあるかもしれませんが、肌への刺激が心配されるためおすすめできません。角栓除去の基本は、丁寧な洗顔です。洗顔料の泡が角栓を浮かせて洗い流してくれます。次のように洗顔しましょう。

(1)ぬるま湯で丁寧に洗う
(2)洗顔料を適量手にとって、しっかり泡立てる。もしくは泡立てネットで泡立てる。
(3)泡をのせて丁寧に手際よく洗う
(4)泡が残らないようにしっかりすすぐ

丁寧に洗うことで、鼻の白い角栓を落とせるでしょう。ゴシゴシ洗いや熱いお湯での洗顔は、肌を乾燥させるため、皮脂の分泌が増えてしまいます。また、洗顔は朝と夜の1日2回に留めて、洗いすぎに注意しましょう。

2. ピーリングで取り除く

ピーリングは、角栓のタンパク質を溶かして落としやすくするアイテムです。週に1回程度を目安にピーリングすることで、鼻の白い角栓を落とせるでしょう。ただし、肌をつくっているのもタンパク質のため、頻繁にピーリングすると肌にダメージを与えてしまいます。

ピーリングは、あくまでも補助として考え、基本は洗顔で除去しましょう。また、クリニックでケミカルピーリングを受けるのも1つの方法です。医師の管理のもとで、角栓除去ができます。

角栓を目立ちにくくする改善ケア方法8個

角栓は、洗顔やパックなどで取り除くことが可能ですが、すべてきれいに取り除くことは困難です。そのため、角栓が少しでも目立ちにくくなるように、新たな角栓を作らないことがポイントです。

また、角栓を取り除きやすくなるような工夫も必要でしょう。それでは、角栓ができてしまう状況を改善するために、どのようなケアが必要なのか詳しくご紹介します。

1. 良質な睡眠でターンオーバーを整える

ターンオーバーを整えることで、古い角質が毛穴につまりにくくなります。ターンオーバーを整える方法は、良質な睡眠や栄養バランスのとれた食事、適度な運動などです。中でも重要なのが睡眠です。ターンオーバーには、眠りから3時間前後に起こるとされる成長ホルモンが欠かせません。

また、眠りが浅いと成長ホルモンがうまく分泌されず、ターンオーバーが遅れてしまうのです。そのため、良質な睡眠をとることが大切です。良質な睡眠をとるために、食事は寝る3時間以上前までに済ませましょう。また、寝る1~2時間前に40℃程度の湯につかったりシャワーを浴びたりすると、ちょうど寝るときに体温が下がって寝つきやすくなります。

そのほか、寝る前にスマホやテレビ、照明などの強い光の刺激を避けることもポイントです。

2. 脂質の摂りすぎを防いで皮脂の分泌を抑える

脂質の摂りすぎは、皮脂の過剰分泌につながるとされているため、揚げ物を食べすぎないようにしましょう。多めの油で肉を揚げ焼きしたり、ごま油などを後から追加したりする料理ばかりの食生活では、脂質を摂りすぎてしまいます。

揚げ物を食べるときは、揚げた後にクッキングシートの上に置いて余分な油を取り除きましょう。少しでも油分をカットすることが大切です。また、チョコレートやアボカドなどにも脂質が多く含まれているため、習慣的に食べている方は注意しましょう。

3. ストレスケアでホルモンバランスを整える

ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が増えてしまいます。さらに、血管の拡張と収縮をコントロールしている自律神経が乱れて、ターンオーバーに必要な栄養が肌へ届かなくなるのです。そのため、仕事や家事、育児などに追われているときは、鼻の白い角栓だけではなく、赤みやかゆみなどのトラブルのリスクも高まります。

できるだけストレスを解消させるとともに、ストレスの原因を取り除くことが大切です。ストレス解消法には、よく寝る、適度に運動する、カラオケ、趣味を楽しむなどが挙げられます。ストレスを解消する時間がないために、悪循環に陥っている場合もあるでしょう。

短時間でもストレスを解消できる趣味を見つけたり、毎日1話だけドラマを見たりと、ライフスタイルに合わせて解消法を取り入れてください。

4. 毎日寝る前に必ずクレンジングと洗顔をする

メイクをしたまま寝ると、角栓のリスクが上がるとお伝えしました。角栓は1日でできてしまうため、毎日必ずメイクを落としましょう。また、メイクを落としただけでは、肌についた汚れや古い角質を取り除くことができません。

必ず、メイクを落とした後は洗顔して古い角質を落としましょう。そして、化粧水や美容液、乳液などで肌に水分と油分を補給してください。このように、クレンジングと洗顔で肌をきれいにしてから保湿ケアすれば、乾燥による皮脂の過剰分泌を未然に防げます。

5. メイクで角栓を隠す

角栓がなかなか落ちない場合、そのまま仕事や買い物に行くことになるため、メイクで隠したいと思う方が多いのではないでしょうか。角栓は、少しの工夫で隠すことが可能です。使用するのは、パウダーファンデーションかミネラルパウダーです。

小さめのフェイスブラシかアイシャドウブラシで、鼻の角栓を軽く押すようにのせて、円を描いてなじませてください。ファンデーションを密着させるのではなく、角栓毛穴にのせるイメージです。ただし、1日はキープできないので、角栓が気になってきたら直しましょう。

また、むやみに刺激すると炎症を起こすおそれがあるため、痛みやかゆみ、赤みなどが現れた場合は控えてください。

6. 簡単に落とせる化粧品でメイクする

洗浄力が強いクレンジング剤でなければ落とせないメイクは、洗い残しによる角栓のリスクが上がります。ジェルクレンジングやクリームクレンジングでも落とせるメイクを心がけましょう。

ただし、簡単に落とせるからといって十分にクレンジングしないと、肌に汚れが残ってしまうため注意が必要です。そのほか、メイクをしている時間をできるだけ減らすことも意識しましょう。

7. クレイ洗顔で角栓を未然に防ぐ

クレイ洗顔は、古い角質や毛穴汚れを取り除くためのアイテムです。濃密な泡が古い角質を取り除くことで、新たな角栓ができるのを防いでくれます。ただし、肌への負担が大きいため、週1回程度に留めましょう。また、クレイ洗顔後は肌が乾燥しやすくなるため、いつもより入念に保湿ケアすることが大切です。

ヒアルロン酸やセラミド、天然保湿因子などが含まれた化粧水や美容液で水分をしっかり補給し、乳液で油分を与えましょう。それでも乾燥が気になるところには、クリームを塗ってください。

8. ホットタオルで毛穴を開く

ただ洗顔するだけでは、泡が毛穴の奥まで入り込まず、角栓を十分に落とすことが難しいでしょう。まずは、ホットタオルで毛穴を開かせることがポイントです。ホットタオルによるケアの手順は次のとおりです。

(1)クレンジングをして肌についた汚れを落とし、開いた毛穴に汚れが入り込むのを防ぐ
(2)タオルを水に濡らして絞る
(3)500~600Wのレンジで30秒~1分程度温める
(4)タオルを軽く叩いて余分な熱を飛ばす
(5)体温よりも少し暖かい程度の温度になったら、鼻を中心に顔にのせる
(6)2~3分ほど経ったら、同じように2~3回くり返す
(7)洗顔と保湿ケアをする

ホットタオルによるケアを週1~2回程度行うことで、角栓が目立つようになる前に解消できるでしょう。週1~2回以上のケアは、肌の乾燥を招くため避けてください。

まとめ

鼻の白い角栓の正体は、古い角質と皮脂が混ざったものです。つまり、古い角質を洗顔で取り除きつつターンオーバーを整えることで、角栓ができにくくなります。

また、ストレスケアや寝る前のメイク落としを習慣づけて、皮脂やメイクの油分が毛穴につまるのを防ぐことも大切です。古い角質と皮脂を増やさないようにしつつ、洗顔やピーリング、ホットタオルなどで対処しましょう。