内側から発光しているかのように美しく、エネルギッシュな印象を強調するツヤ肌メイク。10代や20代から40代、50代まで、年代を問わずに人気のあるトレンドメイクの1つです。

ところが、ツヤ肌メイクにいざ挑戦しようとすると、肌トラブルが目立ってしまい、美しく仕上がらないこともしばしば… ツヤ肌メイクの基本の手順やコツを知り、ワンランク上の仕上がりを目指しましょう。

ツヤ肌の意味とは?

ツヤ肌とは、その名前の示す通りに「ツヤ」を感じ、生まれつき美肌であったかのように自然である肌を指します。

同じ「美肌」でも、下地やファンデーションをしっかりと仕込み、すべすべの質感に仕上げるマット肌とは異なるもの。ツヤ肌・ツヤ肌の主な違いは、以下の表の通りです。

 ツヤ肌マット肌
キーワード素肌感・透明感・健康的すべすべ・毛穴レス
イメージ若々しく、エネルギッシュしっとりとした大人の女性
メリット・人工的な印象ではなく、自然な美肌の演出が可能
・顔立ちの立体感を強調し、整った印象に見せてくれる
・フォーマルな場にマッチする品格や上品さを演出可能
・毛穴トラブルやくすみを隠し、人形のように美しい肌を強調できる
デメリット十分な作り込みを行わなければ、テカりやヨレが目立ちやすいメリハリがなく、のっぺりとした印象に見えやすい上、老け顔を強調するリスクがある

ツヤ肌メイクに必要な道具

最低限必要な基礎化粧品・メイクアイテムは、次の表の通りです。どれが欠けてもツヤ肌を作ることは難しいため、漏れなく準備を行いましょう。

保湿系の基礎化粧品洗顔後の保湿がツヤ肌メイクの仕上がりを左右します。保湿力の高い化粧水と乳液もしくはクリームを用意し、丁寧な保湿を行って下さい。
化粧下地適度なツヤを感じる化粧下地を用意します。ツヤ肌は潤いが大切であるため、保湿力の高い商品を選ぶことも大切です。
コンシーラークマや毛穴トラブル、大人ニキビを隠すために使用します。
パウダーファンデーションムラなく薄付きに仕上げるため、パウダーファンデーションを使いましょう。
ハイライト顔全体の立体感を強調するため、ハイライトを用意しましょう。
チーク仕上げにチークを乗せることで、お風呂上がりのような色付く頬を作ります。
アイシャドウクリームアイシャドウを使用し、濡れたような質感に仕上げます。

ツヤ肌メイクの作り方7ステップ

必要な基礎化粧品・メイク道具を用意したら、ツヤ肌メイクに取りかかります。以下の手順で肌の基礎からチーク、アイシャドウまでを仕上げ、魅力的なツヤ肌を作りましょう。

1. 十分な保湿を行う

ツヤ肌メイクを作るためには、毎朝の仕込みの作業が不可欠です。洗顔もしくは拭き取り化粧水で汚れを落とした後の肌へ、保湿化粧水をなじませます。十分な保湿を行うためにおすすめしたい付け方は、コットンパック。保湿化粧水をたっぷりと含ませたコットンを薄く割き、顔全体をパックしましょう。

朝のコットンパックには、水分不足を生じた肌に潤いを与え、ふっくらと整える働きが期待されます。3分から5分程度は放置し、十分な水分を補いましょう。コットンパックの後は、美容液や乳液・クリームなど、ひと通りの基礎化粧品を使います。乳液・クリームのどちらを使うか迷う場合は、肌質から判断しましょう。

混合肌や脂性肌:乳液
乾燥肌:クリーム

時間に余裕のある朝は、フェイスマッサージを行い、血行促進することもおすすめです。血行が良くなると、肌本来のツヤや透明感が引き出されるため、ファンデーションを厚塗りしなくてもきれいな状態になりますよ。

2. 化粧下地をなじませる

ツヤ肌を作るためには、微細パールやダイアモンドパウダー、美容液成分、保湿成分などを含む「グロウ」な下地を使用します。サラサラとした質感の下地は、ツヤ肌メイクを行う時には不向き。内側から光を放つように、潤いあふれる印象を作ってくれる化粧下地を選択しましょう。

化粧下地の塗り方は、次の手順を守って下さい。

【1】パール大の化粧下地を手に出した後、両手の指先に広げます。
【2】内側から外側方向へと、左右の頬に薄塗りします。
【3】指先に残った化粧下地を、額や顎、目元や口元になじませます。

3. コンシーラーでカバーする

クマやニキビ、シミの気になる部分をコンシーラーでカバーします。マットな質感のコンシーラーは厚塗り感が出やすいため、リキッドやクリームタイプがおすすめ。肌の悩み別のカバー方法は、次の表を参照して下さい。

目元のクマクマの目立つ範囲より少し広くコンシーラーを塗って下さい。クリームタイプを使用する場合は指先によるスタンプ塗り・ペンタイプを使用する場合は目の際から下方向へとラインを引き、明るさの調整を行います。
まぶたのくすみ目頭や目尻を含めた広めの範囲にコンシーラーをなじませます。「少なすぎる」と感じるくらいの量を乗せ、できるだけ薄く伸ばすと、美しく仕上がります。
口角のくすみ筆ペンタイプのコンシーラーを使用し、「く」の字にカバーして下さい。

ピンポイントに濃いシミをカバーする時だけは、硬いテクスチャーのコンシーラーを使用します。ペンシルコンシーラーでシミの上を塗りつぶし、周りの肌となじませましょう。ニキビ跡も、同様の方法でカバーが可能。色素沈着を起こした部分を覆い隠すように、コンシーラーを乗せて下さい。

4. パウダーファンデーションをブラシ塗りする

ツヤ肌メイク=リキッドファンデーションという連想を持つ人も多いのですが、自然なツヤを引き出すためには、パウダーファンデーションのブラシ塗りがおすすめ。ブラシを使用することにより、美しい仕上がりを目指すことが可能です。

◎ファンデーションの付け方

【1】ブラシの毛先にファンデーションを含ませる
ファンデーションの容器に対して垂直にブラシを当て、適量を含ませます。肌に乗せる前にティッシュペーパーの上でトントンし、余計な粉を落としましょう。

【2】全体に塗る
頬の内側にブラシを当て、外側方向へ滑らせます。ファンデーションを足さず、残った粉を口元・額に伸ばし、顔半分を仕上げましょう。少量のファンデーションを足し、反対側を同様に仕上げます。

【3】毛穴トラブルをカバーする
頬や小鼻など毛穴トラブルの目立つ部分は、少量の重ね塗りを行います。ブラシの毛先を使用し、トントンと軽く叩くようにして、肌表面の凹凸を埋めて下さい。

5. ハイライトを塗る

ハイライトの目的は、顔の凹凸を調整し、美しい造形に見せることです。目元やTゾーンなど、肌のあらの目立つ部分・頬やあごなど高さを強調したい部分に薄く塗り、美しい顔立ちを作ります。付けすぎると不自然に見えるため、少量ずつ乗せることがポイント。ラメやパール入りのハイライトはとくに、控えめに留めましょう。

6. チークを塗る

大人の女性に多い肌の悩みの1つが「くすみ」です。何となく元気がなく、顔色の悪い印象に見えてしまい、つややかさを損なうことも多くあります。この悩みを解消するアイテムがクリームチーク。指先に少量取り、頬の中心あたりからこめかみ方向に向かって、楕円形になじませます。

◎クリームチークの塗り方

【1】指先にチークを取る
チークを指先に取り、手の甲に軽く押しつけ、量の調整を行います。そのまま付けてしまうと濃すぎるケースが多いため、このひと手間が大切です。

【2】顔に塗る
最初にチークを乗せる位置は、頬の部分です。こめかみ方向へ向かって、3ヶ所程度「ポンポンポン」と置き、グラデーションを作りましょう。

【3】顔に塗る
最後の仕上げに、何も付いていない指を使い、チークを置いた場所同士の境目をぼかします。

7. アイシャドウを指塗りする

クリームチーク同様に指を使い、アイシャドウを伸ばします。少量を指に取り、手の甲で量の調整を行った後、まぶたに薄く乗せましょう。目の際に近い部分にだけ重ね塗りを行い、グラデーションを作ると、印象的な目元に見えます。

つややかに仕上げた顔全体の印象を変えないためにも、アイラインやマスカラは、控えめが正解。目を囲う太いラインやボリュームマスカラの重ね付けなど、目元の強さを強調するアイメイクは避けて下さい。

ツヤ肌メイクのコツ5個

ツヤ肌メイクがうまくできない… そのような悩みを抱える女性のため、間違いやすいポイントや上達のためのコツを紹介します。

1. 保湿後すぐにメイクをしない

保湿を行い、すぐにメイクを行うと、ムラやヨレを招いてしまうリスクがあります。保湿から3分程度は時間を置き、肌の状態が落ち着いたところで下地を塗ると、美しく仕上げることが可能です。

時間のない朝は、汗や余計な皮脂をティッシュで吸収するだけでも、仕上がりに差がつきます。強くこすらず、優しく当てるようにして、肌の状態を整えましょう。

2. 化粧下地を省略しない

化粧下地は、肌の凹凸やシワ、色ムラを隠し、状態を整える働きを担います。化粧下地を省略すると、肌トラブルが目立ったり、ファンデーションのなじみが悪くなったり、チークがうまく発色しないなど、ベースメイクの後の作業がスムーズに進まない原因にもなってしまいます。

また、上で紹介したように、ツヤ肌メイクで使用する化粧下地には、肌の乾燥を防ぎ、メイク仕立ての質感を長続きさせる働きが期待されます。理想の肌を長時間維持するためにも、化粧下地の省略は避け、手順を追ってメイクをしましょう。

3. ツヤとテカリを区別する

ツヤ肌メイクでは、顔の一部に明るさを足し、つややかさを表現します。しかし、ツヤとテカリをはき違えてしまう女性も多いことが問題点。小鼻や鼻と口の間、額といった皮脂をイメージさせる部位をマットに仕上げ、バランスを調整しましょう。

そもそもTゾーンにテカリが出やすく、バランスの調整が難しい場合は、収れん化粧水を活用できます。使用するタイミングは、保湿基礎化粧品によるお手入れを終えた後です。大判のコットンに化粧水を含ませ、テカリの気になる部位だけを抑えて下さい。

収れん化粧水に刺激を感じる場合には、皮脂バランスを整える基礎化粧品を活用しましょう。保湿・テカリ対策を同時に行え、お手入れ時間の短縮も可能です。

4. 肌になじむチークを使う

ツヤ肌メイクにおけるチークは、血色の良さをアピールし、自然に上気したかのような肌を作ることです。肌の色と合わないチークを使用すると「いかにもメイク」という印象になってしまい、狙い通りの働きを得ることが困難です。

では、適切なチークの色は、どのように選択すれば良いのでしょうか。イエローベース・ブルーベースと肌色別のおすすめチークは、次の表の通りです。

イエローベースオレンジやコーラルピンクなど、黄色を含む色味のチークをおすすめします。ただし、あまりにも黄色の強い色味はくすみを強調するリスクがあるため、不向き。青の強い色味も、イエローベースになじみません。
ブルーベースベビーピンクやローズピンクなど、青を含む色味のチークを選択しましょう。ベージュに近いくすみカラーのチークを選択するとなじまないため、発色の良い色味をおすすめします。

チーク選びに迷う人は、プチプラコスメで新しい色味に挑戦し、相性診断を行うこともおすすめです。複数のチークを混ぜ合わせ、自分だけの色味を探すことも良いでしょう。

5. フェイスパウダーでヨレを防ぐ

クリームチークを塗った後にメイクのヨレが気になる人は、フェイスパウダーを活用しましょう。チークの上から少量重ねて、フィット力を高めます。

フェイスパウダーにもいろいろな種類があるのですが、ツヤ肌メイクで使用するアイテムはルースパウダー。プレストパウダーと比較し、軽やかな質感に仕上がります。

ルースパウダーの中でも透明カラーのアイテムは、厚塗り感が出にくく、ツヤ肌メイクにぴったりです。少量をブラシにとり、チークの上に重ねましょう。強く押し付けることは避け、ブラシを軽く滑らせる程度の量で十分です。Tゾーンや小鼻の脇にも同様の方法で付けてあげると、皮脂浮きしにくく、持続力が高まります。

まとめ

ツヤ肌メイクのやり方と失敗しないためのコツを紹介しました。この記事の内容を参考に、メイク方法や使用アイテムを今一度見直し、垢抜け顔に変身しましょう。

メイクを切り替えるだけで雰囲気が一気に変わり、新しい自分に出会うことが可能です。自分の中の定番メイクに固執することは避け、トレンドをふまえた素敵なメイクに挑戦してはいかがでしょうか。